インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター菊田英淑のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター菊田英淑のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年11月のアーカイブ

2013年11月のアーカイブ

成長

  • 2013-11-30(土)09:27
  • 更新日:2013-11-30 09:27

11月も今日で終わり・・・・早いねえ

明日からの12月・・・あと、今年も一ヶ月なんで大事に毎日過ごします・・

今日は、週末と言うことで、体の事はお休みして、いろんな私の想いなどを書きたいと思っています

私は、小さい頃から大家族で過ごしました・・祖父祖母、父、母、妹二人に、父の妹が二人・・

いつも、玄関には鍵がかかっておらず、家に帰ると、近所のおばちゃんや叔母や叔父がいました。

考えてみると、一人で過ごすことはなかった・・いつも、だれかが、そばにいてくれました

いろんな人から話を聞き、聞いて貰いながら育ちました

大学では、女子寮で女子がいっぱいやった・・・・・・、

社会人になって一人暮らしをしたけれど、いつも、友人が泊まりにきてくれていて、

そしてまた、今も家には、しょっちゅう、近所の人が集まってきます・・・

改めて考えると、私って幸せですねえ~(スミマセン、すぐ、自慢しちゃって・・・・

人が集まる家ってステキだなあと思っていたから、本当に有り難い・・・・

私、一人の時間も好きでも、集まっていろんな人と、話しをするのも好き・・・・

人が基本好きなんです

今も、家にピラティスマシンを置いてから、お客様に来ていただいています

特に営業をしているという感じでは、ないけれど、ありがたいことにセッション枠すべてに来ていただいています

最初は、家でセッションすることに抵抗もあったけど、でも、

私、家にいろんな立ち位置の方々が来てくれて、話しをしたりして交流を持つことが、夢だったんだよなあと思うと、

今のやり方は、自然なのかなあと思っています

(でも、将来的には、中心部にピラティススタジオを経営する気はまんまんですが・・・大きなスタジオ持つぞ~(笑))

「タイミング!」とよく言うけれど、私は、そのタイミングをつかんで、いままで、仕事をしてきた気がします

皆さんからみるとどう思うかわからないけど、私は、満足な形でタイミングがつかめているなあ~

だって、「今でない」のに、つかんでも、自分が苦しいだけ・・・人から見てどうのとか、まわりの事がどうのとか、関係ない・・

私の問題でしょ!私の事でしょ!私の選択は正しいよ・・・・

自分の中が十分に成長をして、成功しておかないと、影響を与えられる人にはなれない

まず、十分に自分の中で成功しておくことが、自分の価値観・スタンス・強さ・しなやかさを作る

孤独に立ち向かうために人を集めるのではなく、孤独を克服したからこそ、人が集まってくる・・・・・・

私がみなさんを必要で必死になるんじゃなく、みなさんが私を必要としてくれるような・・・・

全て、自分の責任・・・私の事・・・・・

が、まだ、成長途中の私です

こんなかっこいいこと言っちゃったけど、

私の中にも嫌な部分もあるよ~、人は、いい所だけではないよね・・でも、それも私

ずるい事も苦しい事も悲しいことも汚いことも・・・・すべて、受け入れて、私のリソースに変えて成長します!!!

宣言!!!

ピラティスしていて良かったな☆ 来ていただいた方の体を良い方向に影響を与えられるよう・・・私が成長します。

自分に誠実に価値観を大事にしながら、将来へ向けて、仕事をしたい。

皆さんも、よかったら、うちにピラティスか・・・ワイン飲みに来てください(笑)

みんな大好き☆

またね♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

立ち位置

  • 2013-11-29(金)08:20
  • 更新日:2013-11-29 08:20

姿勢に関して、書いていると姿勢という言葉が気になってきました・・・・

goo辞書によると、

1.からだの構え方。かっこう。

2.心構え。態度。

やはり、姿勢は、深いね・・・・

動的姿勢もありますが、、立位での姿勢が基本であり、評価もしやすい。

姿勢は、年齢や性、人種によっても異なり、正しい姿勢というのは、何かというのは、難しい・・・・

自然に安楽に、また効率的にとれる体制が、良い姿勢なのかと、考える。

姿勢、また歩いている姿はそのひとの印象を決める要因の一つ

例えば、

猫背で背中を丸めてるいる人よりも、背筋を伸ばしている人の方が、

かっこいいし、信頼感が生まれたりもします。

姿勢は、心構え・・・その人のスタンス、その人の「立ち位置」を表すんでしょうか

しかし、骨格やからだは、あなただけのもの。個性です。どんな自分になりたいかも、その人の考え方によって変わります。

正しい姿勢を考えながら、あなたの個性もいかせれば、もっとステキ

ヒールを履いて颯爽と歩く・・・・こんな動作のときに、個性がはっきりだされるのかも、しれません。

その人の立ち位置は、他人が決めることではなく、自分が決めること。それぞれの骨格も筋も違うし、考え方も違う。

そして、それは、変化していく。その微妙な変化に対応できるのは、自分のみ。

立ち位置を高くおいても、また、低くおいても

遠くにおいても近くにおいても、

誰にも、何かを言われることはないのです

昨日、姿勢の評価について書きました。

左右均等であること、ランドマークを水平にまた、垂直線に合わせ評価して、正しいかそうでないかは、決めることは出来ます。

が、そのままでは、ロボットですよね。動いて、またそこに戻れる。自分の立ち位置をいつも、一定に保つことが出来る・・・

そこに重点を置くと、トレーニングのやり方も自ずと変わる・・・

そんな事を考えてみませんか?

前を見て、広く視野をとり、楽しみながら颯爽と、

冷静に急ぐこともなく、一歩ずつ着実に

地面がでこぼこでも、同じように足をつけてあるけるよう・・・・

使う筋肉をトレーニングしていきたいと、私は思っています。

みんな大好き☆

またね♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

姿勢の評価

  • 2013-11-28(木)08:46
  • 更新日:2013-11-28 08:46

姿勢について、毎日お話をしていますが、皆さんは、自分の姿勢について

考えたことはありますか?

私は、有り難いことに「姿勢がいい」と言われることが多いのですが、そういうときは、姿勢って

見られてるンやなって思います

でも、考えてみると、初めて人に会ったときに見るのは、全体像から見ますから、

一番印象に入るのは、姿勢かも知れませんね・・・・

それに若い人と年齢を重ねた人とでは、姿勢が違いますよね。姿勢で判断しているといってもいいのかも・・・

姿勢って、大事ですね!!

じゃ、今日は、良い姿勢かどうかの評価についてお話ししていきたいと思います☆

軽く脚をひろげて立った姿勢を背面から見ると、垂直な線で2等分することができる。

両側の骨盤縁は、同一の水平面にあります。

体のランドマークを左右比べて、比較する。

膝裏のしわや臀部のしわ、肩甲骨の下縁など、腕と体幹の間の隙間、不均等な筋の盛り上がり、非対称な姿勢の

指標になる。軽い側彎の場合は、体を前屈して貰うと、ねじれた肋骨上が隆起してみられるため判定しやすい。

また、

側面から、

垂直線と立位を比較。

足の外くるぶしが始点。理想的な姿勢は、膝の中線やや前を通り、それから股関節、腰椎、肩関節、頸椎を通り、耳たぶへ。

垂直線から前方へもっとも離れてるのが胸部であり、後方へもっとも離れてるのは、臀部である。

これは、バランスの取れた姿勢で、姿勢維持にもほとんどエネルギーを必要としない。

体が垂直線から離れるに従い、組織にストレスがかかり、バランスの悪い姿勢を維持するための筋の働きも強まることになる。

が、背面や側面からは自分ではみることが出来ないし、

評価するときは、やっぱり、自分を客観的に見る必要があり、なかなか自分では評価しにくいもの。

できたら、他人に見て貰うと良いですね。専門家におねがいしましょう。

私はヒールを良く履くのですが、友人とはなしをしていて、こんな話しになりました

「ヒールって足が痛くて、大変じゃない?それにねんざしそうで恐いし、前屈みになっちゃう!

姿勢悪くなるよ~」

確かに・・・・こういう考え方のありますよねえ~

私も、ヒールで足が痛くなったり、姿勢が悪くなるのは、ヒールのせいだと思ってました・・・でも、よく考えると

本当にそうなんでしょうか・・・

だって人は矛盾しているもの・・・したいこと・出来ないことの間をバランス良くすればいいんですよ~

続きは明日~

みんな大好き☆

またね♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

相反

  • 2013-11-27(水)08:37
  • 更新日:2013-11-27 08:37

11月も、あと4日・・・

早いもの2013年も終わりに近づきます

年々、時間を早く感じるのですが、今年は、仕事面でもプライベートでもたくさんの出来事があり、

濃い一年でした・・・

時間の経過っておもしろいもんで、同じ時間でも、ゆっくり感じられたり、また、早く感じたり・・・

早く流れた方が良いのか、また、ゆっくりがいいのか・・同じ時間なのに、感じ方です・・・で、また、相反してる

人は、相反することが多いですねえ~

その相反することが離れていればいるほど、バランスをとるために、振り子を大きく振ることになる~

振ってる間は、少しバランスが悪く感じるけど、実は、バランスがいい・・・・

また、相反するな

柔軟性・・また、筋力をアップさせていくためのポイントは、「対称性」

柔軟性の向上、筋力の向上のいずれかにでも不均衡があると、からだのアライメントは崩れ、姿勢異常の原因になる。

どんな運動においても複数の筋がある特定の順序で収縮するようになっている。が、ある群の中で、単一の筋だけ硬いと

本来の順序に関係なく硬い筋がまず収縮してしまう。

その結果、運動もぎこちないものになる。

対称性を大切にしながら、トレーニングすることが大切です。

偏りは、姿勢につながります・・・

考え方もね。

今年は、何十年かぶりに家族以外と海外に出ました・・・

出来ないだろうなあ・・と思ってたことをしました・・・

苦手だなあと思う人と、積極的に話しをしました・・・・

そうすると、いろんな見方考え方をまた、感じて知ることが出来た

それがよかったのか、悪かったのかは別にして、今の状態を変えて行くには、今のやり方を変える必要が

あるわけですから、新たな風は、必要ですし、またそれを感じてみること・・・考えるよりも、感じること・・・

ぜひ、新たなトレーニングも試して、感じて見てください。

みんな大好き☆

またね♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

姿勢に影響するもの

  • 2013-11-26(火)09:36
  • 更新日:2013-11-26 09:36

今朝もさむい~

今朝のテレビでのアンケートで、7割の人が、洋服は冬物・・・コート・・・

あ~もうそんな季節なんですね☆そういえば、スーパーにイチゴが並んでたし、もう12月やなって思いましたよ

12月と聞くとあわただしく思ってしまうけど、なるべくゆっくり過ごしたいのが、今年の目標!!

そして、年賀状もゆっくり書いて、年始の準備をして、

いつもとちがう、2013年年末を迎えるぞ!!

変化を求めるキクタです・・・・

で、今日も姿勢のお話です。

姿勢は、静的姿勢と動的姿勢の2種類があります。

静的姿勢は、静止時の姿勢であり、動的姿勢は、運動中の姿勢を言います。

静的姿勢は、よく観察すれば評価できるが、動的な姿勢は評価するのに、トレーニングを必要とするし、もしかしたら、何かの設備が必要な場合もある。

静的な姿勢は、いくつかの要因が相互に作用している。体型や遺伝的に持っている体格や筋力・柔軟性。

また、自分の体に関するイメージや精神的な状態なども姿勢に影響する。

もっとも大事なのは、「対称性」である。

そうなんですよ・・・精神的?イメージ?

最近よく思うんです・・・体と心はつながってる・・・・

心は体に表れるし、体は心に現れる・・・・・

もともとあんまり、心とかに興味のなかった私ですし、自己啓発的な事も良くわからなかったけど、

ピラティスセッションをし始め、人と人との深い繋がりを考えるときにこんな事を

考えるようになりました。

人は他人を変えることは出来ないんです・・・・が、私は人の役に立ちたい・・・それが、他人を変えようとしている・・・

矛盾しているし、大きなお世話なんかも

でも、自分はいくらでも変えることは、可能です!!

が、私が影響力を持っていれば、そこから何かを感じ取って貰えばいいンですよね~

私が頑張ること・・・成功すること・・・・・・ふふふ、なんか出来るような気がする~

また、お気楽です・・・

みんな大好き☆

またね♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2013年11月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 11月 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着DVD
DVD絶賛販売中
studio Pilates remove

菊田英淑主宰、大阪府豊中市のマシンを使ってパーソナルセッションが出来るスタジオです。
ザ・ミス公式サイト

【DA MISS -ダミス-】
公式オンラインショップ
リンク
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る